2022年02月08日

特色・推薦選抜入試日です

近江家庭教師会 久西です。
今日明日と滋賀県立高校の特色選抜・推薦選抜入試が行われます。
試験もドキドキしていますが、週末の雪で、まずは会場まで無事にたどり着けているかも心配なところです・・。
受験される皆さん、今までの努力の成果が100%発揮できるよう頑張ってくださいね!

そして、今日は県内私立高校の合格発表でもあります。
現中3生にとっては、とても大事な1日になります。結果ともしっかり向き合い、自分の進むべき道を決めてくださいね!


さて、次年度以降に高校入試を受けるという方には是非知っておいていただきたい「特色選抜」「推薦選抜」。一般選抜とは別に志望校合格のチャンスが与えられる入試です。この入試に失敗しても一般選抜は受けることが出来ますので、特色・推薦を受験される方は、県立高校合格のチャンスが2回あるということになります。
県内全ての県立高校が、この2つの入試のどちらかを採用しています。

しかし気をつけるべき点は「誰でも受けられる」と言うものではないということです。

ここで、今年度の受験実施要領を参考に見てみますと

【特色選抜】
特色選抜に出願できる資格を有する者は、、令和3年3月に中学校等を卒業し、または修了する見込
みの者で、志願する動機が明白であり、適性、興味・関心および学習意欲を有する者とする。

【推薦選抜】
推薦選抜に出願できる資格を有する者は、令和3年3月に中学校等を卒業し、または修了する見込みの者で、志願する動機が明白であり、出願先高等学校が示す推薦要件にふさわしく、適性、興味・関心および学習意欲を有する者のうち、中学校長の推薦を受けた者とする。

となっています。

特色選抜は比較的「進学校」と呼ばれている学力の高い高校が行っている入試制度です。
校長の推薦などは必要ないため基本的には誰でも受験することは可能ではありますが、受験倍率も比較的高く、やはり内申点や学力がその高校に見合ったものではないと合格するのは難しいです。

推薦選抜は学校長の推薦が必要です。ということは推薦してもらえるような学校生活を送っていなければならないと言うことです。
学習面はもちろん、生活面も含め、中学3年間を規則正しく過ごしてきた生徒が選ばれるものになります。
注意すべき点は、学校から推薦をもらえたからと言って100%合格が決まったわけではありません。入試での作文や面接対策など、合格するためのやはり準備は必要です。

このように、特色・推薦選抜に関しては、受験間際になって「受けたい!」と言って簡単に受けられるものではありません。中学入学時からしっかりとした学校生活を送る必要がります。早い時期から高校受験を見据え規則正しい学校生活を送るよう心がけましょう!


受験シーズン真っ只中!素晴らしい新年度を迎えられるよう、受験生の皆さんあと一踏ん張り頑張ってくださいね!


長浜市・米原市・彦根市・犬上郡・愛知郡・東近江市の家庭教師なら・・・
office KUNISHI
近江家庭教師会 久西健司/KUNISHI KENJI
問い合わせ:080−2516−3695
HP https://www.shiga-kateikyoushi.com/
posted by 近江家庭教師会 久西 at 09:46| Comment(0) | 受験情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: